• 社員犬アリスのブログ
  • こんな方にピッタリです
  • 愛犬家必見サービス ドッグラン
  • 住宅リフォーム リチャード
  • 太陽光発電 エコな発電所
  • フジジュウ「アリス」店舗のご案内
  • フジジュウ「アリス」スタッフ紹介
  • リクルート情報
  • フジジュウ「アリス」会社概要
  • フジジュウ「アリス」アクセスマップ
  • 資料請求・お問い合わせ
  • ちえちえ大辞典
  • お客様の声
  • フジジュウ「アリス」安心宣言
  • 住宅リフォーム リチャード

2017年3月

庭の草花たちの蕾が開き、いま目を覚ます瞬間を見届けた私。

ほら!ベージュ色だった芝から芽吹いたミドリ色の赤ちゃんまでが

みんな笑顔で「おまたせ~」って感じで私を迎えてくれている。・・・そんな気がする春の午後。

そして、なんてたって春色の代表はやっぱりピンク。・・・よネ!

なんとなく心ワクワクさせるカラー。

「花だより」まで発表される昨今。

この国に生まれてきてよかった。・・・と思う私。

さて今年の春はどんな春・・・かな。

 

2017年2月

休日の午後、ポカポカ陽気に誘われて子供たちと庭に出た。

すると息子から「僕、結婚するならママがいい!」って突然のプロポーズ!

「ギューッ!」と背中から抱きしめられ、頬には「チュー!」の嵐。

私にとって、いちばん至福を感じるワンシーンです。

ふと気が付けば庭の草花や虫たちも今、春への準備で忙しそうだ。

「お急ぎください。春 方面行き、まもなく発車します。」って言ってる。…そんな気がします。

 

2017年1月

2017「新しい春」家族そろっての初詣。

みんな神様に掌を合わせ、なにやら「ぶつぶつ」願い事。

お兄ちゃんはきっと(サッカーが上手くなりレギュラーになれますように)・・・だと思う。

下の娘は絶対(成績が上がりますように)・・・だと思う。

主人はたぶん(仕事もうまく行き、家族みんなが健康でありますように)・・・だと思う。

そして欲ばりな私はあれもこれもと頭の中のリストを今、読み上げています。

私はいちばん小さなお札を手に・・・

「今年も一年良い年でありますように」と、再度お願いしました・・・(どこまで欲ばりな私かな)

 

我が家の「新しい春」今、にぎやかしく咲きました。

 

2016年12月

師走の休日の朝。

いつもの時間に目が覚めた。

私は今、温ったかさが残る布団の中で

あと5分、あと3分と葛藤中!。

意を決して布団から抜け出した。・・・あぁ勇気が要る。

 

さて本日我が家は恒例の大掃除Day。

さぁさぁパパも子供たちも全員集合!

どこかのCMみたいに♪今年のよごれは今年のうちに♪♪

テレビのウラ、窓ガラス、そしてピカピカになった床

さてとこれで、いつお正月が来てもいいぞ!

 

家族みんなでもうすぐ新しい年を迎えます。

来る年も、すばらしい年になるかな。

なるね!・・・きっと。

 

2016年11月

公園で小2の娘がクイズを出してきた。

「赤・黄・緑はなーんだ。」

「信号機!」って自信をもって私は即答。

しかし結果は「ブブー」だった。

娘が求める答えはなんと「公園の樹々の秋色」だった。

小さな手で指したそこには色づき異なる木立たちの赤色・黄色・緑色。

今、見事なグラデーションのオータムカラーで秋を感じた私。

「深まる秋」そして「行く秋」を今、ベンチに座り見届けている娘と私。

 

さて、そろそろ我が家も冬支度かな。

 

2016年10月

秋、真っ盛り!

読書の・・・スポーツの・・・食欲の・・・と、

あれもこれもと欲張りな私は、秋はなにかと忙しい。

そんな中、ふと夜空を見たくなった。

ワイン片手にベランダへ。・・・(すこし肌寒く上から1枚羽織りました。)

澄み切った空には数え切れないほどの星。

そして空気がこんなにもおいしいなんてハンパなく感じた。

星や月をゆっくりと眺めるのは何年ぶりかな。

長いようであっという間の秋。

今、わたし秋をひとり占めしてます。

 

※追記 味覚の秋・・・。

      この時期、わたし体重計にはのりません。・・・(絶対!)

 

2016年9月

「母さん~見て!見て!」

なにを思ったか娘が私達の結婚アルバムを持ってきた。

そのアルバムを開く。・・・と、

なんともまあ2人とも若くてきれい!・・・(こんな時があったんだ)

今はと言うと

私は少し目じりに小じわ。

主人はちょっと、お腹に脂肪が。・・・

今の私と見比べて、写真を見ては、娘はキャッキャッと大はしゃぎ。・・・・(だからなんなの)

 

最近夫婦そろって体調を崩した。(ちゃんと健康管理してたのに)

考えてみれば40に手が届く2人。

結婚もうすぐ10年目。(今、人生の折り返し地点)

さて、明日は金曜日

単身赴任の主人が帰ってきます。

腕によりをかけて、ごちそういっぱいつくります。

大切な、たいせつな家族のために・・・。

私、まだまだがんばります。

 

2016年8月

今日はスーパー熱帯夜。

エアコンが苦手な私も、ついにスイッチON。

さっきまで暑苦しくさえ感じた豆球の灯りも

不思議と落ち着いた色に見えてきた。

添い寝していた子どもたちも気持ちいいのか

ピタッと私に寄り添ってくる。(我が家はいつも川の字で寝ています。)

花火も見たし、海にも行った今年の夏。

もうすぐ季節も変わります。もちろん私も変わります。

向日葵の様に大きく、まっすぐお天道様に向かってがんばります。

 

2016年7月

人と会って「今日も暑いですねぇ」が開口一番のあいさつ。

この時季になると私がよく口ずさむ唄がある。

「夏・夏・ナツ・ナツ・ココナツ♪♪アイアイアイアイ愛ランド♪♪」

この歌は私の青春の頃の思い出がいろいろと詰まっています。・・・(あえて聞かないで)

人って夏に一番思い出が多いらしい。

小2の夏休みの出来事。

ゆかたを着、下駄履いて、家族で花火大会に行って迷子になった私。

わけが分からなく不安で不安で寂しくて、何故か涙が止まらなかった私。

やさしいおまわりさんだけが、いまだ心に残る。・・・(今、なにしてるのかな)

いま、思えば貴重な体験だったのかな。

おかえりなさい。1年ぶりの夏。

「今日もまた暑いですねぇ」

 

2016年6月

雨音で目を覚ましたいつもより少し早目の朝。

耳を澄ましよく聞くとちょっと悲しき音。

いや、にぎやかしく、楽しい音とも思える。

雨音はどちらにでも聞こえる不思議な音色。

時にはいたずらの雨。

時には恵みの雨。

雨の日があるから晴の日もある。

今日の雨は何色かな?。

ブルーよりはスカーっとするクリアがいい。

雨は雨で楽しみませんか。

 

2016年5月

部屋を整理していたら古いアルバムがふと目に止まった。

少し気の弱かった長男の誕生から、小学生までの一冊だった。

この子が生まれた時、すごく可愛かったんだ。

だっこしてるパパも私もこんな若い頃があったんだ。

入学式の次の日はなぜか登校拒否で私を困らせた事。

友達と喧嘩して泣いて帰った日。

運動会の徒競走は一着でテープを切り、赤組帽子の得意顔が写っている。

(息子はきっとこのあたりから少しづつ自信が付いてきたのかも知れない)

私の脳裏に写真には写っていない、いろんな場面が今よみがえってきた。

そんな息子も来月結婚します。

いつまでも若い、若い、と思っていた私も、やがて孫が出来、おばあさんになる日も近いかも。

「ね、おじいさん」。

 

2016年4月

休日の春の午後

ぽかぽか陽気にさそわれて

我が家はお庭で外ご飯。・・・これって外食?

「玉子焼きにウィンナー」そしてシンプルな「俵むすび」

ポットにはつめたいお茶。

主人には、特別の特別で、よ~く冷えた缶ビール。・・・(なんとそれもロング缶)

主人と5歳の娘。そして私。

本当にささやかだけどこの瞬間が私のいちばんの至福です。

今、ひとり悦に入っている私。

 

P.S おむすびは必ず愛をギューっと詰め込んでにぎる事。

   そうしたら、絶対に「おいしいって言ってもらえるよ」って母から教えられました。

   この事を私は娘に伝えて行きます。

 

2016年3月

春、咲きました。

春、爛漫。

春、満開。

春、まっさかり。

こんな言葉を耳にするだけで私の心は躍ってしまう。

お花達とも1年ぶりの再会。

春にはちょっぴりさみしい別れもある。ワクワクな出逢いもある。

「別れ」とか「出逢い」そんな季節…春。

ちなみに主人と出逢ったのも春でした。

私、春って大好きです。

 

2016年2月

「春・夏・秋・冬」 にっぽんには四季がある。ってことは、

いろいろな事を4度もたのしめる私は幸せ者かも。

春を待てない菜の花たちは、はや満開。

公園の桜だって、固いツボミを膨らませ「あと少し待っててネ!」って言ってるよ。

「春は近いぞ!」と思うだけで寒さなんてへっちゃらです。

私の心の体感温度 今、急上昇中↑

「わたし」は春を待っている。

「春」も私を待っている。

さぁ!今年の春はどんな春・・・かな。

 

2016年1月

「2016」の初春。Happy New Year

今朝早々に夢をみた。(これって初夢だよね?)

正直この夢はっきりと覚えています。

そして正夢になってほしいからだれにも言わない。

だって「人に言っちゃうとその夢は叶わない」って

昔、おばあちゃんから聞いたことがある。

でもとってもいい夢だった。

「ウフッ」今年もきっといい年になりそう・・・です。

 

2015年12月

気がつけば早や年賀状の季節。

「師走」  なんとなく気をせわしくさせるこの2文字。

気持ちをおちつかせ 今、一枚一枚と賀状を書き上げている私。

来年の干支は申。

だから内容はと言うと・・・。

「好奇心旺盛なお猿さんのように今年も

皆様、元気でハッピーな事がいっぱい いっぱい

ありますよう心よりお祈り申し上げます」

 

さてと、今日中に書き終えて明日にはポストに投函します。・・・(の予定)

あとはゆく年を送り、来る年を迎える。

きっといい年になる・・・そんな気がします。

 

2015年11月

この時季、朝はなかなか布団から抜け出せない。

出られない。あ~出たくない・・・私。

起きるには、とても勇気がいる。(こんなの私だけかも?)

庭に出てみた。そこには夏、木陰をいっぱいつくってくれた

今、紅葉も終わりかけのちょっとさみしそうな1本のケヤキの木。

お庭は早くも冬じたく。

よし決めた。今夜はお鍋で行こう!

ケヤキの木を見て、お鍋に結びつけた私って、変ですか?

 

2015年10月

春が来て、夏が過ぎ、今、秋が来て、そして冬となる。

だんだんと朱色と染まっていく紅葉が好き。

澄みきった青空に純白な真綿を散りばめたイワシ雲が好き。

植木鉢に咲き誇るシクラメンも好き。

そして、松茸、栗ご飯も…。

     (これはムリ)

今年の私が、今年の秋を見届けます。

「私の大好きな秋」は大忙しの季節かも。

 

2015年9月

娘が突然私に言った。

「次の日曜、合わせたい人が・・・」

うすうす気付いてはいたが・・・カレシのこと。

それでも父親としては今、複雑な心境だ。

うれしそうにはしゃいでる妻を見ると少し腹立たしい。

男親としてどんな良い条件の男でも、

とりあえず反対してみようと思う。

もちろん最終的には許すつもりだ。

私が育てた娘だから・・・

その娘が選んだ人だから・・・信じているよ・・・幸せを。

さぁ~ どんな男かな。

続きはまた次回で。

 

2015年8月

私の名前はあやめ。

今、幼稚園の年長さんです。

告白します。実は最近、つきあってる子がいます。

その子の名前はジュンくんです。

おもしろいし、カッコいいし、いつもみんなの人気者。

でも私には特別やさしいの(・・・そんな気がする)

こんどの土曜日みんなでプール行きます。

もちろんジュンくんとこも。

今、家族ぐるみのおつきあい。

ホントは私たち結婚の約束もしました。

「絶対、喧嘩もしません」

「この愛がずーっとずーっと続きますように」って

お星様にもお願いしました。

6歳の女ごころでしょうか。これって・・・。

 

2015年7月

近頃「あ~ 疲れた疲れた」が私の口癖…らしい。

そんな私に妻は言った。「もうそんなに若くないんだから、すこしスローな人生も有りでしょ」って。

その一言で、なぜか途端に元気が出てきた。…気がする。

今、またひとつ そんな妻が大きく見えてきた。

この間までは「俺についてこい!」だった。

けど…これからは妻について行こうかな。

気持ちだけは、いまだ20代。そんな40の、なかばを過ぎた男の心のつぶやき。

 

2015年6月

幸せってなんだろって最近よく思う。

わたし、実はすごい能力があるかも。

だって家族みんなの心の扉を開く暗証番号を解読する事が出来るんです。

だから悩みだってみんな即、解決。

なのでうちは家族全員いつもこぼれるぐらいの笑顔いっぱい。

とは言っても幸せって本当は、だれでも「自分の心の中にある」ものだと思う。

私は今、最高に幸せ。きっとこれからも・・・。

あ、ちなみに私がジューンブライドだったからか、どうかは定かではありません。

 

2015年5月

空気がいちばん美味しいのは5月だって誰かが言ってた。

言われてみると確かに…。

ガーデン雑誌を片手に庭づくりをはじめて早、4年。

憧れのイングリッシュガーデンらしくなってきた。…って自負する私。

今、この庭を誰かに見せたい。見てほしい。

そして「わ~きれいになったネ!」って言われたい。

(ホントはただ自慢したいだけかも…)

小さなイギリスに来てみません?

今、とっても空気がおいしい我が家の庭に。

 

追伸 小鳥も時々遊びに来ています。

 

2015年4月

今日は休日。

だから、この日ぐらいの朝食は手間暇かけてつくります。

もちろん隠し味は最後に愛情小さじ少々。

家族みんなで庭に出て春を満喫しながら

少し遅い朝ごはん。

湯気立ち上る真っ白なご飯。

艶やかで瑞々しい。

「あぁ~」この香りが至福の瞬間です。

これって私流休日の朝のはじまり。

今日は平日のバタバタからの開放日。

だから夕ご飯は外食します・・・たぶん。

 

2015年3月

「春うらら」

休み明けの朝、まだまだ寝むい。

近頃どうやら私の体内時計は30分ほど遅れがち。

今、目覚まし時計に手をのばし

「時間よ、止まれ!」「あと30分」って魔法をかけた。

さて、さて、魔法の結末は・・・。

「あっ!」

 

2015年2月

散歩中に、枝だけのさみしそうな1本の桜と出会った。

ふと見るとちっちゃいけど、らしきツボミをいっぱい付け春の出番を待っている。

毎年、約束通り必ず咲いてくれる。

一度だって咲くのを忘れたなんてなかった。

ピカピカのランドセル背負って迎えてくれたあの校庭の桜。

そして青春のころの「出会い」とか、「別れ」とか忘れられない思い出をいっぱいつくってくれたあの花吹雪。

まだまだ寒いけど心の中で今  唄っています。

♪「は~るよこい。は~やくこい」♪♪

きっと野の草花たちも春に向けて只今準備中・・・だと思う。

いまの私の心境は遠足の前の日のあの「ワクワク感」と同じです。

はやく来てほしい春。

とても、とても待ち遠しい如月(きさらぎ)の私。

 

2015年1月

”2015”の「新しい春」

2度目の20才を迎える私。

心の内で一人だけの、成人式もすませました。

初詣「家族みんなが健康で幸せであります様に」って

祈願する今年の新しい私。

「一念発起」の新しい年。

今年も100万馬力でガンバルぞ~!

3度目の20才を目指し・・・。

 

2014年12月

日に日に寒くなる。

あたたかくやわらかい布団の中から、なかなか抜け出せないでいる私。

あ~起きるのも勇気がいるもんだ。

起きたはいいけどまだボーっとしたまま。

「これじゃあダメ!」って自分に言い聞かせ、ハッと気が付くと今日は休日。

寒い朝はもう一度布団にもぐりこむにかぎる。

これが私の一番の至福のとき。

♪♪もういくつ寝るとお正月♪♪

 

2014年11月

私、庭のシクラメンとよくお話しします。変ですか?

うれしかった事を報告すると「よくがんばったネ」って。

つらい時は「泣くだけ泣けば」って。

そんな時 なぜか泪が枯れると不思議と勇気をもらえた。

そして、いつもこころをプラス思考にしてくれた。

今、うす紅色や真綿色の庭のシクラメン達全員で華やかに微笑みかけてくれる。・・・「がんばれ」って。

 

あ、そうそう知ってた?

11月28日は「いい庭」の日だって。

私の「大好きな庭」

また新しい自分に出会えるかも知れない。

 

2014年10月

このあいだテレビを見てたら、2050年のもみじの紅葉の見頃は

なんとクリスマスと同じ頃だって。(ちょっと考えさせられました)

地球の温暖化が原因だそうです。(何とかしなくては・・・)

パパも言ってました。

「君たちにキズついたこの地球をこのままでは手渡せない」って。

自分もキズって必ず治せると信じている。絶対に。

まずは今の僕に出来ることから・・・。

いろいろあるけど、ん~まずは「節電」「節水」緑もふやし、それから・・・。

よし!自分は今からこの星を守ってみせるぞ!

ちなみに僕、11歳小学5年生です。

 

2014年9月

ただいま私達の年令の合計107歳。

主人も私も最近 昔の頃をよく口にする。

「あの頃俺はこうだった」

「その頃私はああだった」とか。

けっこうむかし話しで盛り上がる。

「もし神様があの頃にもう一度戻してくれたら君ならどうする?」って主人が言った。

現実もあるし、答えようとしたが・・・やめた。

でも来月、2泊3日の旅します。

昔、ふたりで行った秋の由布院たのしみます。阿蘇も・・・。

今、52の私が25歳に戻ってきます。

 

2014年8月

先日7歳になる子供が聞いてきた。

「かあさん、夏はどうしてこんなに暑いの?」って。

私は答えた。

それはね、きっと神様が「暑い時」それから「ちょうどいい時」つまり秋

その次「寒い時」そしてまた「ちょうどいい時」これは春と4つの季節を下さったのよ。

だからもう少しすると「ちょうどいい時」が必ずくるよって、子供と会話した。

言ってる私も本当にそう思った。

必ずやってくる秋。早く来てほしい秋。

しかし今日もホントに暑い!

 

2014年7月

夏が来た。

潮の香りと花火のにおい。

夏が来た。今年も夏が来た。

ギラギラの太陽を背にうけて

砂まみれで泳ぎまくった夏休み。

日焼けなんてちっともこわくなかったあのころは、水着のあとが私の自慢。

今、ホントはすこし日焼けがこわい。けど大好きな夏。

今年も家族といっしょに「夏」Enjoyするぞ!!

 

2014年6月

♪ あめあめ ふれふれ かあさんが・・・。♪♪

 今でも雨の日はなぜか口ずさむこのメロディー。

 黄色い傘。黄色い長靴。水たまり。でんでん虫。

 雨の日がたのしかった子供の頃。

 今日の予報は曇りのち雨。

 降水確率60%・・・きっと降る。

 雨の日はなぜかこころはずみ気持ち落ち着く私。

 プラス思考でたのしみません?6月の雨。

♪ ピチピチ チャップチャップ ランランラン ♪♪

 

2014年5月

やっと人並みに子育てが終わった。

毎日がまるで24時間の連続ドラマだったような気がする。

まだまだ続くこのドラマにはきっと最終回はない。・・・と思う。

気が付けば「すうーっとおいしい初夏の風」。

ここらでちょっと深呼吸・・・。

 

2014年4月

「ねぇねぇねぇステキでしょ!私達」

って色とりどりの花たちが私に話しかけてきた。

あっ、忘れてた。感謝の言葉を。

花たちみんなに言いました。

「今年の春もありがとう」って。

この香り付のそよ風はきっと我が家だけ。

ね、ステキでしょ!うちの庭。

 

2014年3月

休日の春の午後。

ポカポカ陽気に誘われて、主人と2人で庭に出た。

ベンチに腰かけ、のんびりと語らう時の間、

私に「がんばれる源はなに?」って聞いた。

「えっ」急に言われても・・・一瞬とまどった私。

そんなこと考えてやってた訳じゃない自分。

私はいつも、「あしたのために今をがんばる」・・・ただそれだけのことなのに。

そんな私を「いつもありがとう」って言ってくれた。

気持ちを言葉にするってすごいんだ。

 

2014年2月

あなた、春はもう見つかりました?

私は見つけたよ。

だって早めに「春」をギュッと詰め込んどいたから。「お庭に」。

おゃ?なにやら外がさわがしい。

まちがいなくあれは「春の足音」だ。

きっと・・・。

 

2014年1月

「2014」真新しい春が来た。

今年も良いことがいっぱいあるようにと、

神様にお願いした。

いつも必ず叶えてくれた。

今年もずっとずっと見守っていて下さい。

 

ワクワクな新しい年。

今、「新しい春」咲きました。

 

2013年12月

12月と思うだけで

なんとなくバタバタの毎日

これって事は、なんにもしてないのに。

 

一息つきに庭に出てみた。

気持ちとはうらはらな、とても静かな庭。

空気がこんなにおいしいなんて・・・。

 

もうすぐ新しい年。

きっといい年。そんな気がする・・・私です。

 

2013年11月

晩秋の朝・・・ いつものように いつもの時間に目が覚めた。

夜明けがだんだん遅くなってきた。

そんな気がする私。

まだ外はまっ暗。

まずはお星さまに「おはよう」ってごあいさつ。

それにしても「寒っ」。

そろそろ冬本番かな。

今日も爽やかな朝がきた。

 

ご相談・お見積り無料
▲ ページの先頭